自己表現とは

男の人

ファッションでの自己表現

男性の3人に一人は洋服を擦り切れるまで着ている、という調査結果がある。また、月に洋服にかける金額は3000円未満という人が最多だそうだ。この調査は幅広い年齢層を対象としているため一概には言えないが、近年の男性はファッションには無頓着なひとが多いようだ。サラリーマンであれば普段はスーツを着るため、週末にしか着ない洋服には興味がなかったり、年配の方であればそもそもファッションには興味がない世代だったりするのかもしれない。しかし若い世代ではファッションに興味がある人も多いはずだ。大学生なら毎日洋服を着るし、学生時代にファッションに興味があった人が、社会人になっても興味を持ち続けることもあるだろう。そういったファッションに興味がある人は、それによって自分を表現しているのだと思う。第一印象というのはやはり外見であり、その外見を構成するのはファッションが大部分である(もちろん、表情や頭髪の清潔感なども重要だが)。ファッションで自己表現するには、そのブランドも重要である。WACKOMARIAというブランドは、個性を強く表現しているブランドである。WACKOMARIAは男臭く、不良っぽさのある服のブランドだが、それが何とも言えずいい味を出しているのである。力強さや、社会に対する反抗、そういったものがWACKOMARIAの服には込められているように思う。全身をWACKOMARIAで揃えて着こなすのも良いし、一部だけ取り入れてさり気なく男臭さや不良っぽさをアピールしても良いと思う。ファッションで自己表現するには男っぽさのある、WACKOMARIAがおすすめだ。

Copyright© 2018 レザージャケットでオシャレしよう|男らしさを強調してくれる All Rights Reserved.